くも状血管腫、手掌紅斑〔くもじょうけっかんしゅ、しゅしょうこうはん〕

 肝臓病の皮膚症状として、くも状血管腫と、手掌紅斑とがあります。
 くも状血管腫とは、顔、胸、背中など上半身の皮膚の小さな血管が拡張して、直径10mmまでの赤い斑点になったもので、圧迫すると消失するのが特徴です。
 手掌紅斑とは、手のひらの中央を除いた部分が赤くなったものです。
医師を探す