副腎の病気

 副腎は腎臓の上部に位置し、副腎皮質と副腎髄質とに分けられ、おのおのの部位から大切なホルモンが分泌されています。この副腎に腫瘍ができると、各種のホルモンが過剰な状態となり、さまざまな障害が起こります。逆に機能が落ちてしまうと、ホルモンの不足による症状が起こります。
おもな病気には、原発性アルドステロン症副腎コルチゾール産生腫瘍褐色細胞腫偶発腫(インシデンタローマ)アジソン病(慢性副腎機能低下症)先天性副腎過形成急性副腎不全などがあります。がん(副腎がんもしくは他の臓器のがんの転移)ができることもあります。
 副腎の腫瘍の治療は外科切除が原則です。通常は腹腔鏡下手術でおこなわれますが、大きな腫瘍などでは開放手術でおこないます。
医師を探す