進行性指掌角皮症〔しんこうせいししょうかくひしょう〕

[症状]
 まず、指の先端腹面の爪に接している部分の皮膚の指紋溝が消えて、つるつるしてきます。それに続いて皮膚がかたくなり、裂けめができてきて、皮膚の表面がはがれて、ささくれだってきます。そのため、指先がいろいろなものにひっかかります。夏より冬のほうが悪化しますが、その際、皮膚の裂けめから出血してくることもあります。
 主としてきき腕の人さし指から始まり、ついでほかの指にもひろがって、全部の指に変化があらわれてくることがあります。また、指先からしだいに手のひらのほうにひろがり、手のひらの皮膚全体が厚くなって、かたくなってくると、指が曲がってくることがあります。足の指にくることはまれです。
 爪は、横の溝ができて、かたちが変わってくることが少なくありません。また、長くたつと、指の間から手の甲にかけて湿疹(しっしん)が併発してくることがあります。
 この疾患は若い女性に多くみられます。主婦湿疹と同じものと考えられています。

[治療]
 1.副腎皮質ステロイド軟膏の外用。
 2.保湿薬(ヘパリン類似物質、ワセリン)や角質軟化薬(ビタミンA軟膏〈なんこう〉、サリチル酸軟膏、尿素軟膏)外用。
 3.水仕事を極力避けるようにつとめます。
 4.主婦湿疹の場合と同じく、木綿の手袋をしたうえで、ゴム手袋を使用します。
医師を探す