腹部外傷〔ふくぶがいしょう〕

 腹部を強く打ったり、シートベルトをしていても圧迫されると、内臓損傷が起こります。歩行者も自動車に当てられたり、飛ばされて腹部を打つと同じことになります。おもに肝臓や脾(ひ)臓、腸の破裂を起こします。大きな破裂では、腹腔(ふくくう)内に多量に出血しショック状態や腹膜炎を起こし重症となり、急死することもあります。
 歩行者が背部から自動車に強く当てられると、腎臓の破裂を起こすことがあります。このとき、血尿や無尿になります。また腰椎(腰の骨)の骨折を起こすこともあります。
 破裂が小さいと徐々に出血して、全身状態がすこしずつわるくなります。はじめは状態がよくても徐々に悪化することがあります。腹部外傷で注意することはこの点です。
 下腹部を強く打った場合やはさまれた場合は、骨盤骨折を起こします。骨盤骨折は多量の出血を起こし、ショック状態となることがあります。また、膀胱(ぼうこう)や尿道などの損傷を起こすこともあります。
 腹部外傷では緊急手術ができる病院に運ぶ必要があります。すぐに手術しなくても、万が一のことを考え手術をおこなえる用意が必要です。
【参考】応急手当て:胸・背―腰・腹のけが
医師を探す