筋肉や腱の皮下での断裂(皮下断裂)〔きんにくやけんのひかでのだんれつ(ひかだんれつ)〕

 重い物をいっきに持ったとき、また重い物を押したときに上腕や胸の筋肉が痛くなり、筋断裂や腱断裂を起こすことがあります。中年以上の人に多くみられますが、筋肉の疲労による慢性的変化が起こっている人にも起こります。
 はじめ、痛みが強く動かすことができなくなりますが、冷湿布をして圧迫包帯をし、副木固定またはギプス固定をおこなうと、痛みは数日でよくなります。筋断裂の場合は筋肉が縮み、切れた部分がへこみ、さわるとわかります。完全な断裂の場合は縫合(ほうごう)手術をする必要があります。腱断裂では関節の動きがわるくなり、腱縫合術をおこないます。「スポーツに伴うけが」の項肉ばなれの手当てを参考にしてください。
医師を探す