熱傷の治療

1.患部の冷却
 水道水で10~20分くらい冷却してください。顔など水をかけにくい部位は、氷水や保冷剤で冷やしたタオルを用いると便利です。水疱(すいほう:水ぶくれ)ができている場合は、なるべくやぶらないようにしてください。

2.治療
■保存的治療(手術しない治療)
 Ⅰ度熱傷と浅達性Ⅱ度熱傷では、軟膏などの外用薬や被覆材(医療用絆創膏)を用いて治療します。多くは1~2週間で治り、ほとんど傷あとを残しません。

■手術による治療
 深達性Ⅱ度熱傷とⅢ度熱傷は治るまでに時間がかかるため、手術による治療をおこないます。できるだけ早い時期に、焼けた皮膚を切除します。これによってできた皮膚の欠損には、他の部位から皮膚を移植します(植皮術〈しょくひじゅつ〉)。原則的には自分の皮膚を用いますが、広範囲熱傷の場合は、人工真皮や培養皮膚などを用いることもあります。
 手術による治療では、傷あとが目立ち、ひきつれなどの後遺症が残ります。このような後遺症に対しては、期間をおいてから治療をおこないます(瘢痕の原因・症状治療法)。
医師を探す

他の病気について調べる