移植による治療

 病変部の形態や機能を改善するために、いろいろな組織を移植する方法です。現在は自分の組織を用いる移植(自家移植)が一般的であり、他人の組織を移植する方法(他家移植)は原則的におこなわれません。

■植皮術(しょくひじゅつ)
 いわゆる皮膚移植です。病変部とは別の部位から皮膚だけを採取して移植する方法です。
 簡単な手術法ですが、薄い皮膚だけを移植するため、術後に色素沈着やひきつれなどを起こすことがあります。一般的には、浅い組織欠損に対して用いられます。

■皮弁(ひべん)
 皮膚だけでなく、皮下脂肪などを付けた状態で病変部へ移植する方法です。血行を維持するため、皮弁の一部はからだと連続したままでおこないます。
 植皮術よりも厚い組織を移植できるため、深い組織欠損に用いることができます。


■遊離組織移植術(ゆうりそしきいしょくじゅつ)
 上記の皮弁を採取部から離れたところへ移植します。血行を再開するために、手術用顕微鏡を使って血管を縫合する必要があります。
医師を探す