太田母斑〔おおたぼはん〕

 青色または褐色の病変で、メラニン色素の増加が原因です。おもに顔面の前額部・頬部(きょうぶ)などにみられ、しばしば眼球結膜にも発生します。

【治療】
 レーザー治療が有効です。
医師を探す