色素性母斑〔しきそせいぼはん〕 家庭の医学

 母斑細胞という色素性細胞の増殖が原因で、褐色または黒色の病変です。


【治療】
 手術による切除が一般的です。直径数ミリの小さい病変に対しては、炭酸ガスレーザーによる治療が有効ですが、保険適用外です。大きな病変に対しては数回に分けて切除する方法、植皮術や組織拡張法などを用います(植皮術・皮弁その他の手術)。。

(執筆・監修:埼玉医科大学 教授〔形成外科・美容外科〕 時岡 一幸)
医師を探す