腋臭症、多汗症〔えきしゅうしょう、たかんしょう〕

 汗腺には、アポクリン汗腺とエクリン汗腺があります。
 アポクリン汗腺は腋窩(えきか:わきの下)や肛門に分布し、臭気を含む濃厚な汗を分泌します。アポクリン汗腺が増加した状態が腋臭症であり、独特の臭気を放ちます。
 いっぽう、エクリン汗腺は全身に分布し、食塩水に似た汗を分泌します。多汗症はエクリン汗腺の機能亢進(こうしん)であり、自律神経失調症などの神経疾患や極度の緊張が原因であるといわれています。汗の分泌量が多いものの、臭気は強くありません。

【治療】
 軽度の腋臭症、多汗症では、腋窩を清潔に保ち、発汗作用を抑える塩化アルミ水や抗菌性クリームなどを使用しますが、効果は一時的です。
 腋臭症は手術による治療が有効です。腋窩を切開し、アポクリン汗腺を切除しますが、完全に臭気がなくなるわけではありません。多汗症に対する治療法としては、自律神経安定薬の内服や交感神経切断術などが有効です。

【参考】皮膚の病気:わきが(腋臭症)多汗症
医師を探す