分娩の異常

解説
 分娩(ぶんべん)の異常には次のものが含まれます。

■第2期までの異常
 1.陣痛(じんつう)の異常(微弱陣痛、過強陣痛、遷延〈せんえん〉分娩)
 2.産道の異常(狭骨盤、児頭骨盤不均衡)
 3.胎位の異常(骨盤位、横位)
 4.児頭進入、回旋(かいせん)の異常
 5.その他の難産(多胎〈たたい〉、巨大児、肩甲〈けんこう〉難産)
 6.破水(はすい)時期の異常(前期破水、早期破水)
 7.臍帯(さいたい)の異常(巻絡〈けんらく:臍帯が胎児に巻き付くこと〉、下垂と脱出、卵膜付着など)
 8.胎児機能不全

■第3期の異常
 9.母体の損傷(子宮破裂、頸管〈けいかん〉裂傷、会陰〈えいん〉裂傷)
 10.弛緩(しかん)出血
 11.癒着胎盤
 12.産科ショック(播種〈はしゅ〉性血管内凝固、羊水塞栓症など)、血栓塞栓症
以下におもなものについて解説します。