腸の病気

解説
 腸炎は、症状の経過によって、強い症状が短期間に起こる急性腸炎と、比較的ゆるやかな症状が長期にわたって続く慢性腸炎に分けられます。また、原因によって、ウイルスや細菌によって起こる感染性腸炎と薬剤や毒素による非感染性腸炎に分けられます。

(執筆・監修:医療法人社団哺育会 桜ヶ丘中央病院 外科部長 榎本 雅之)