虚血性大腸炎〔きょけつせいだいちょうえん〕

[原因]
 大腸を栄養する血管が狭窄(きょうさく)したり閉塞したりすると、腸粘膜の血液循環がわるくなり潰瘍を形成して虚血性大腸炎が発症します。便秘により腸の内圧が上昇して血流がわるくなることや、高齢者に多いことから、動脈硬化が原因と考えられています。

[症状]
 症状は突然の腹痛・血便で、下痢を伴うこともあります。抗菌薬などの内服が原因で起こる薬剤性大腸炎と症状が似ているため、内服の有無を確認しなければなりません。

[治療]
 絶食・安静・輸液・抗菌薬といった内科的治療をおこなえば、2週間程度で軽快することが多く、再発もほとんどみられません。しかし、炎症が強く腸に孔(あな)があいて、腹膜炎を起こしている場合には緊急手術が必要となります。
 また、内科的治療で炎症がおさまっても、炎症の影響で腸の一部が狭窄することがあります。便の通過がわるいときは、手術を受けなければなりません。
 虚血性腸炎を予防するには、動脈硬化や便秘にならないように食生活に気をつけ、適度な運動をおこなうことが大切です。
医師を探す