腸結核〔ちょうけっかく〕

[原因]
 多くは肺結核の患者が結核菌を含んだたんを飲み込むことから起こります。肺結核の減少に伴い腸結核も減り、現在では活動性の腸結核はまれです。

[症状]
 活動期には下痢、腹痛、発熱、倦怠感(けんたいかん)などの症状が出現します。特に小腸の結核では、栄養状態が急にわるくなり体重が減少し、顔色もわるくなります。炎症が進むと腸管の内腔が細くなることがあり、吐き気や嘔吐(おうと)を伴います。
 中高年者ではこのような症状に気づかずに腸結核が自然治癒し、その後、腹部、多くは右下腹部にしこりが偶然見つかることがあります。

[治療]
 活動性の腸結核には抗結核薬を投与します。また、腸炎のときのように消化のよい食事にして、腸を安静に保つ必要があります。抗結核薬によく反応し、ほとんど内科的治療で軽快します。ただし、後遺症として腸管が狭くなったときは、その部分を切除する手術が必要となることもあります。
医師を探す