治療・予防

軽視は禁物、早産リスクも
妊娠性歯肉炎に注意

 妊娠すると口内の環境が変わり、虫歯や歯周病にかかりやすくなる。この「妊娠性歯肉炎」は口の中だけの疾患と思いがちだが、天野歯科医院(東京都千代田区)の天野聖志(あまの・きよし)院長は「早産を起こす恐れがあるので軽視は禁物」と注意を促す。

 ◇歯茎の腫れや出血

 妊娠性歯肉炎は、妊娠5~20週目くらいから歯茎が赤く腫れたようになり、出血することもある。症状が強まるのは妊娠32週目ごろで、口臭や口内炎の他、虫歯にもなりやすくなるという。

 「食事をすると口の中は酸性に傾きますが、唾液が中和して歯周病や虫歯を防いでいます。妊娠すると女性ホルモンの変化で唾液の分泌量が減り、自浄作用が低下するため歯肉炎になりやすくなります」と天野院長は説明する。間食が多い、だらだらと長時間にわたって食事をする、水分をあまり取らないなどの生活習慣がある人は要注意だ。

 さらに、妊娠中はエストロゲンという女性ホルモンの分泌が盛んになり、エストロゲンを好む「プレボテラ・インターメディア」という歯周病を起こす細菌が口内に増えることも一因だ。つわりで歯磨きがしづらいと、悪循環を招きやすい。

 特に注意したいのは「ポルフィロモナス・ジンジバリス」という歯周病菌。歯茎の血管から体内に入ると、早産を招く恐れがある。「子宮内に達すると免疫細胞が過剰に反応し、子宮を収縮させるホルモンが急激に増えるからです」と天野院長。

  • 1
  • 2

新着トピックス