インタビュー

痔の患者、半数は女性
恥ずかしがらず受診を

痔で受診する女性増加
 いぼ痔(じ)や切れ痔、痔瘻(じろう)など肛門の病気に苦しんでいる人は多い。しかし、家族や周囲はもちろん、薬剤師や医師にもなかなか相談しにくい面があり、特に女性の場合は抵抗感が強いようだ。肛門関連の疾患を専門とする「日本臨床肛門病学会」理事長で、東京・銀座で専門クリニックを開業している岩垂純一氏は「現在、このクリニックを訪れる患者は男性と女性が半々だ」と指摘した上で、「痔瘻のように手術が必要な場合もあるし、まれにがんが隠れていることもある。重症化する前にぜひ、専門医に診てもらってほしい」と呼び掛けている。

 ◇痔瘻は手術が必要

 「(いぼ痔や切れ痔でも)重症化し痛みが激しくなって初めて治療を受けようと思い、受診する医療機関を探す患者も少なくない。このため、症状に苦しんでいても、治療に至らないケースもある」。どうにか治療を受ける決断をしても、肛門自体が機能と構造の両面で非常にデリケートな臓器であることを忘れてはならない。岩垂理事長は「十分な専門知識と経験を持つ専門医の治療を受ける必要があり、病院選びは大切だ」と強調する。

「日本臨床肛門病学会」の岩垂純一理事長
 痔には次のような種類がある。強い負荷を受けた肛門の内側に腫れが生じる「痔核(じかく)」(いぼ痔)。硬い便や強い下痢の圧力で肛門に裂傷が生じる「裂肛」(切れ痔)。肛門内側のくぼみに細菌が入り込んで感染し中にうみがたまる「肛門周囲膿瘍(のうよう)」に始まり、肛門内部から肛門の外側までうみの管が生じる「痔瘻(じろう)」に大別される。

 最も重症なのは痔瘻で、強い痛みを伴うため、比較的早めに受診する患者が多いという。治療は、原則として手術になる。「肛門内部から外側までの管を切り開けば痔瘻自体は治る。ただし、肛門は便意を感じたり、排便を制御したりするための非常に敏感な感覚器官でもある。手術によってこうした機能を低下させてしまうと、患者は大きな問題を抱えてしまう。十分に経験を積んだ専門医による執刀が望ましい」と岩垂理事長は話す。

  • 1
  • 2

新着トピックス