足の悩み、一挙解決

第4回 足指の付け根にしびれや痛み
~それって「モートン神経腫」かも~ 足のクリニック表参道院長 桑原靖

 足の指の付け根に、しびれや痛みを感じることはありませんか。痛みの中心が中指と薬指の間なら、「モートン神経腫」という病気かもしれません。最初はピリピリと、しびれを感じたと思ったら、そのうち腫れてきて、歩くのがつらくなります。さらに重症化すると、1歩踏み出したときに、画びょうを踏んだかのように、痛みが強くなってしまうこともあります。

 ◇中高年女性に多い

 中高年女性に多い病気の一つで、足の骨格構造の崩れがもとになって、足全体がゆがんでしまったことが原因です。足の骨格は、大きく分けると、足首の骨から二つのブロックに分かれています。親指、人さし指、中指のパーツと、薬指、小指のパーツです。

 足のアーチがつぶれ、骨格構造が崩れてしまったために、これら二つのパーツのちょうど境目の場所、中指と薬指の骨に摩擦が生じ、それが繰り返されて炎症が起きてきます。足の感覚を支配する神経を巻き込むと、神経がまひして感覚がなくなり、進行していくと腫れて痛くなってきます。

 ◇注射で炎症を抑える

 応急処置として、足裏の感覚神経に少量のステロイド注射を打って、炎症を抑えます。足先に注射を打つことは、とても痛そうに思うかもしれませんが、皮膚の表面に瞬間冷却スプレーをしてから注射をすると、針を刺す部分の感覚がまひして、痛みを感じなくなります。注射と聞いて怖がっていた患者さんも、実際に針を刺されても、あまり痛くないのでホッとするようです。

 しかし、一時的に痛みがなくなっても、根本的な解決にはなりません。再び痛くならないよう、インソールで足の崩れを補正することが必要です。


  • 1
  • 2

足の悩み、一挙解決 記事一覧

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会