前田正治 医師 (まえだまさはる)

福島県立医科大学附属病院

福島県福島市光が丘1

  • 災害こころの医学講座
  • 主任教授

精神科 神経科

専門

PTSD(心的外傷後ストレス障害)などトラウマ関連障害

前田正治

前田正治医師は数多くのPTSD患者の治療に当たってきた。PTSDなどのトラウマ反応は「医師の力だけでは治せない病」と語り、臨床心理士、ソーシャルワーカーなど他職種と連携し、チームワークで治療に望む。ガルーダ航空機墜落事故(1996)やえひめ丸沈没事故(2001)の被災者の調査やケアに従事した。現在は東北被災地、とくに福島県において、現地の支援者に対する定期的支援を行っている。日本トラウマティック・ストレス学会会長として、専門家によるネットワークの構築にも力を入れている。
2013年10月1日に開設された、福島県立医科大学医学部・災害こころの医学講座の主任教授として勤務。前田医師は、災害が人の精神にどのような影響を及ぼすのか、被災者に対してどのようなケアや治療が必要となるのかを考え、検証し、実施・提言するという役割を担っている。

医師プロフィール

1984年 3月 久留米大学医学部卒業
1996年 9月 久留米大学精神神経科講師
2007年10月 久留米大学医学部精神神経科准教授
2013年10月 福島県立医科大学医学部・災害こころの医学講座 主任教授
(更新日:2014年6月12日)