重村淳 医師 (しげむらじゅん)

防衛医科大学校病院

埼玉県所沢市並木3-2

  • 精神科
  • 准教授

精神科

専門

災害精神医学(特に災害救援者・支援者のメンタルヘルス)、PTSD

重村淳

慶應義塾大学医学部を卒業後、1999年より防衛医科大学校精神科学講座助手、米国軍保健科学大学精神科教室トラウマティック・ストレス研究センター客員研究員(2003~5年)を経て、2006年より現職。災害で影響を受けた人々、特に災害救援者や支援者のメンタルヘルスを専門とする。東日本大震災では地震発生から9日後の3月20日には宮城県仙台市に入り、自衛隊員や行政職員など復旧に奔走する救援者のサポートに従事。以来、被災地派遣活動は合計30回を数え、現在も続けている。日本トラウマティック・ストレス学会副会長、日本精神神経学会 東日本大震災特別委員会委員。現在、外来診察は行っていない(2014/9)

診療内容

同院精神科では、初回診察では、予診にて、これまでの経過・生活・関連事項を詳しくお尋ねします。その上で、本診察を実施し、多方面からの十分な評価とともに今後の治療方針を決めていきます。薬物療法を行う場合は、研究データに基づく合理的な投与を行い、症状が改善した後も、再発を予防するための包括的な治療を行います。

医師プロフィール

1994年3月 慶應義塾大学医学部 卒業
1999年5月 防衛医科大学校 精神科学講座 助手
2003年5月 兼 米国軍保健科学大学 精神科教室 トラウマティック・ストレス研究センター 客員研究員
2006年4月 防衛医科大学校病院 精神科 講師
2014年4月 防衛医科大学校病院 精神科 准教授