上村順子 医師 (うえむらじゅんこ)

くじらホスピタル

東京都江東区枝川3-8-25

  • 精神科・心療内科
  • 精神科医、理事

精神科 心療内科 内科

専門

女性の嗜癖問題(摂食障害、アルコール等)、性虐待、児童虐待(虐待する母も含む)、PTSD

上村順子

上村順子医師は、摂食障害やアルコール依存症などの女性の嗜癖問題、性虐待、児童虐待、PTSDなどが専門。思春期や子育て中の女性たちの心の問題について親身になって取り組んでいる。摂食障害は家族間の問題が原因となっている場合が多い。家族のカウンセリングやケアをしていく方法が有効であり、両親や家族の一人ひとりが問題と向き合うことで家族関係が改善され、結果的に治療効果にもつながるという。くじらホスピタルは、リゾートホテルのような心地よい療養空間で、女性が安心して利用できると評判が高い。

医師プロフィール

1989年 山口大学医学部 卒業
1996年 さいとうクリニック勤務、さいとうクリニック院長
1999年 めだかメンタルクリニック開設
2006年 医療法人青流会 くじらホスピタル(非常勤)
2008年 医療法人青流会 くじらホスピタル勤務
2008年4月 医療法人青流会 理事長就任
2011年6月 医療法人青峰会 理事
2008年 くじらホスピタル勤務
(更新日:2017年12月13日)