岩井圭司 医師 (いわいけいじ)

阪本美佐子メンタルクリニック

兵庫県神戸市灘区宮山町3-3-1 六甲駅前ビル5F

  • 精神科、心療内科
  • 教授

心療内科 精神科 内科

専門

PTSD(心的外傷後ストレス障害)、 統合失調症

岩井圭司

岩井圭司医師は、兵庫教育大学大学院にて教授として臨床心理士の養成にあたる一方、精神科医として臨床の現場にも立ち続ける。わが国において災害のもたらす精神的影響性が広く注目された阪神・淡路大震災が起きた際には被災者援助機関として設立された「こころのケアセンター」の医師として仮設住宅にも幾度となく足を運び、その経験をPTSDをはじめとする心的外傷関連領域の研究におおいに活かしている。精神的被害の法廷評価にも力を入れており、私的鑑定を合わせると60余件の裁判に関与してきた。

診療を受けるには

初診の場合は要予約(岩井医師の担当は月曜の夜と土曜)、紹介状も必要。初診時の待ち時間は最大で1時間程度。岩井医師の診療は通常2~4週間程度の待機期間あり。

医師プロフィール

1986年3月 神戸大学医学部 卒業
1988年7月 兵庫県立光風病院
1994年7月 神戸大学医学部精神神経科 助手
1996年9月 兵庫県精神保健協会こころのケアセンター
1998年8月 兵庫県立精神保健福祉センター課長
2000年4月 兵庫教育大学助教授
2004年3月 兵庫教育大学教授
2005年4月 兵庫教育大学 大学院学校教育研究科教授
2007年4月 兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科(博士課程) 副研究科長
2011年4月 兵庫教育大学発達心理臨床研究センター長

所属学会

精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医、日本トラウマティック・ストレス学会理事、日本精神病理学会評議員・編集委員、日本司法精神医学会評議員、精神保健指定医、日本臨床心理士認定協会認定臨床心理士など

主な著書

『災害とトラウマ』(1999年 みすず書房)
『PTSD人は傷つくとどうなるか』(日本評論社)
『マスコミ精神医学』(2001年 星和書店)
『復興と支援の災害心理学-大震災から「なに」を学ぶか』(2012年 福村出版)

医師発信欄

岩井圭司医師 - 研究者 - ReaD & Researchmap: http://researchmap.jp/iwaik/
(更新日:2017年4月18日)