三鴨廣繁 医師 (みかもひろしげ)

愛知医科大学病院

愛知県長久手市岩作雁又1-1

  • 感染症科
  • 主任教授

感染症科 内科 東洋医学

専門

感染症学、化学療法学、感染制御学、産科婦人科学、東洋医学、スポーツ医学

三鴨廣繁

三鴨廣繁医師は、感染症の専門家として「診断」と「治療」を主目的とする『感染症学』と、医療施設内での発症の「予防」を主目的とする『感染制御学』の双方の見地から、院内外の感染症治療および感染予防に取り組んでいる。いずれの医療領域でも起こりうる感染症に対して「ゼロにすることはできないが、できる限り少なくする努力を惜しまない」と、日々の診療および診療支援活動を展開。科学に基づいたアプローチ、情報の公開、地域医療との連携と地域医療への貢献を通して、より安心・安全な医療の提供を目指している。

診療内容

同院感染制御部は2007年8月に設置され、院内感染症患者の診療支援、医師・薬剤師・看護師・臨床検査技師等の卒前卒後教育、研究を活動の3本柱としてきた。同院では2013年1月から感染症科を設置し、外来および入院中の感染症患者の診察、医師・薬剤師・看護師・臨床検査技師等の卒前卒後教育、研究活動を行っている。感染症学と感染制御学を車の両輪と考え、院内のInfection Control Team(ICT)のメンバーである医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、事務職など、多くの職員がそれぞれの得意分野を分担し、チーム医療として院内の感染症患者の横断的診療に取り組んでいる。さらに、ワクチン接種などを通して職員の健康管理にも関与している。感染症の早期診断法の開発、薬剤耐性菌サーベイランス、薬剤耐性菌感染症に対する新たな治療法の開発、適正な抗微生物薬の使用に関する研究、感染伝播予防に関する研究など感染症の予防から治療まで幅広く関わっている。一方、教育においては、医学部・大学院医学研究科のみならず、他の医療機関からの学生も積極的に受け入れているのが特徴である。また、嫌気性菌感染症の研究においては、基礎的および臨床的に、国内はもとより、世界的にも代表的な研究室の一つに数えられている。
GH(性器ヘルペス)は、帯状疱疹と同じヘルペスウイルスの一種、単純ヘルペスウイルスによって起こる。性的な接触によって感染する性感染症の一つだ。単純ヘルペスウイルスには、主に口唇上半身に症状が出る1型と、主に下半身に症状が現れる2型の2つのタイプがあり、GHを起こすのは後者である。感染すると性器の周辺などに、水ぶくれが現れる。このヘルペスウイルスの特徴は、最初の感染で免疫ができても再発する危険性があるということ。ウイルスは腰のあたりの神経細胞に潜んでいて、疲労やストレス、性交渉、月経、発熱、胃腸障害などが原因で再発する。しかも、しばしば再発を繰り返し、完治できる治療法も現在のところはないので厄介だ。カップルのうちどちらかがGHの場合、パートナーにうつす危険性は、コンドームを使わないと1年間で約10%といわれている。さらに、症状が現れないので本人が気づいていない「無症候性ウイルス排泄」によってうつることも考えられる。
治療には主に抗ヘルペスウイルス薬が使われる。また、年に6回以上再発する患者に対しては、症状があらわれる前にウイルスの増殖を抑える「再発抑制療法」という治療法もある。
「治療効果を得るためには、医師の指示毎日きちんとお薬を飲むことが大切です」と、三鴨医師。「症状が出ていないからと勝手にお薬を止めないようにしてください」
素人判断で止めてしまうと、残った菌はさらに強くなって耐性菌になるおそれがある。また、病気に関する正しい知識を患者に理解してもらうことも必要。感染リスクを軽減させるためにも、症状のあるときは性行為を避け、症状が出ていないときでもコンドームを使用することを心がけるなど、生活指導を行なうことも大切となってくる。
三鴨医師の場合、患者に具体的なデータを提示し、治療の効果を患者が納得してから治療を開始する。また、GH患者診療時には、診察室に他の人を入れない、予約時間を他の患者さんより遅くするなど、プライバシーの保持に注意を払っている。そうすることで、患者が安心して話ができるという。
「GHはストレスも再発の要因なので、治療にあたっては、肉体的なケアと精神的なケアを同時に行う必要があると考えています。患者さんが、病気以外のことでも相談できるような、信頼関係を構築することが大切です」(三鴨医師)

医師プロフィール

1989年5月 岐阜大学医学部附属病院 医員(研修医)
1989年7月 岐阜県立下呂温泉病院 臨床研修医師
1989年9月 岐阜大学医学部附属病院 医員(研修医)
1990年2月 岐阜県厚生連中濃総合病院 臨床研修医師
1994年4月 岐阜大学医学部附属病院 医員
1994年9月 岐阜大学医学部 助手
1997年10月 岐阜大学医学部 講師
2003年4月~2004年3月  Channing Laboratory, Harvard Medical School留学
2004年4月 岐阜大学 生命科学総合研究支援センター 嫌気性菌研究分野 助教授、岐阜大学医学部 附属病院 助教授
2007年4月 岐阜大学大学院 連合創薬医療情報研究科 感染症治療学 准教授
2007年8月~2012年12月 愛知医科大学大学院医学研究科 感染制御学 主任教授、愛知医科大学病院 感染制御部 部長
2008年4月~名城大学薬学部 特任教授(兼任) 現在に至る
2013年1月~愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 主任教授、愛知医科大学病院 感染症科/感染制御部 部長