古川恵一 医師 (ふるかわけいいち)

総合病院 国保旭中央病院

千葉県旭市イ1326

  • 感染症センター
  • センター長

性病科 泌尿器科 感染症科

専門

内科、臨床感染症学、感染症一般(尿路感染、呼吸器感染、骨関節感染、皮膚軟部組織感染、循環器感染、中枢神経感染、消化器感染、性感染症、輸入感染、HIV感染、不明熱など)

古川恵一

古川恵一医師は日本における感染症医療のパイオニア的存在。国内でもいち早く開設された聖路加国際病院「感染症科」の部長を務めるとともに、東京大学医学部感染症内科講師として数多くの感染症専門医を育ててきた。とりわけ、臨床感染症の分野と抗菌薬の適正使用については第一人者である。幅広い知識や経験により、婦人科、泌尿器科、皮膚科などすべての科の各種微生物、寄生虫によって起こる病気から性感染症、HIVまで全領域の感染症など、あらゆる分野の感染症も不明な原因の発熱についても診ることができる。これまでにたくさんの各種感染患者の診察を行ってきた豊富な経験を活かし、院内外で発症した各種感染症の診断・治療についてのコンサルテーションを行っている。

診療内容

感染症センターは、院内外で発症した各種感染症の診断・治療についてのコンサルテーション業務が中心となり、感染症が治癒するまで入院患者のフォローを行う。HIV感染症、結核は主治医として担当し、2種感染症指定医療機関として感染症病床も6床有している。当センターはHIV診療で千葉県最初の拠点病院であり、これまで200名以上の患者を診療し常時100名近くが通院している。エイズ初発で受診の方や外国籍の患者も多く医療相談室と密な連携を取り社会的な問題点も含め対応を行っている。感染症全般にわたり診療を行い、総合病院の利点を生かし各科と協力しながら診療している。

医師プロフィール

1978年3月 新潟大学医学部卒業
1978年 新潟市民病院内科
1979年4月~虎の門病院内科レジデント、腎センター
1986年9月~カリフォルニア大学サンフランシスコ校、一般内科、感染症科、クリニカルフェロー
1988年7月 聖隷三方原病院総合診療内科ホスピス
1988年8月 ライフプランニングセンタークリニック
1991年5月 茅ヶ崎徳洲会総合病院感染症科部長
1994年7月~ベスイスラエル病院(ニューヨーク)感染症科フェロー
1996年1月 聖路加国際病院内科感染症科医長、東京大学医学部感染症内科講師(非常勤)
2007年11月 聖路加国際病院内科部長、感染症科担当
2018年2月 聖路加国際病院 定年退職 非常勤医
2018年3月 総合病院 国保旭中央病院感染症センター長