淺村尚生 医師 (あさむらひさお)

慶應義塾大学病院

東京都新宿区信濃町35

  • 呼吸器外科
  • 教授 診療部長

外科 呼吸器外科 がん

専門

肺がんの外科治療、縦隔腫瘍の外科治療、内視鏡外科治療

淺村尚生

国立がん研究センター中央病院呼吸器外科に勤務時は、年間700件程の肺がん手術をこなし、症例数は国内でトップ、世界的に見ても有数の成績を誇っていた。淺村医師は4名で組まれた肺がん手術の医師チームの中で中心的な役割を果たし、肺がん治療の最前線で、病理、腫瘍内科、放射線治療の各専門医の協力のもと、集学的治療ができる体制を整えていた。診断の的確さ、手術の安全性・根治性・低侵襲性など、技術力の高さに定評がある。世界肺癌学会の理事も務めており、肺がん治療においてオピニオンリーダー的存在である。
2014年10月より「慶應義塾大学医学部」に異動され「外科学(呼吸器)教授」となる。

医師プロフィール

1957年 生まれ
1983年 慶應義塾大学医学部 卒業、外科学教室入局
1986年 国立がんセンターレジデント、がん専門修練医
1992年 国立がんセンター中央病院、呼吸器外科医員
1997年 Mayo Clinic,Memorial Sloan-Kettering Cancer Center留学
1999年 国立がんセンター中央病院 呼吸器外科医長
2009年 独立行政法人 国立がん研究センター中央病院 呼吸器外科科長
2010年4月 同院 副院長
2014年10月 慶應義塾大学医学部 外科学(呼吸器)教授
(更新日:2018年5月23日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会