一ノ瀬正和 医師 (いちのせまさかず)

東北大学病院

宮城県仙台市青葉区星陵町1-1

  • 呼吸器科
  • 科長

呼吸器科 内科 がん

専門

呼吸器(喘息、COPD、肺がん、肺炎、間質性肺炎、睡眠時無呼吸症候群)

一ノ瀬正和

東北大学病院呼吸器内科では、気管支喘息などのアレルギー性疾患、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、各種間質性肺炎などのびまん性肺疾患、肺炎など種々の呼吸器感染症、肺がんなど、広範囲にわたる呼吸器疾患全般についての診断および治療を行なう。一ノ瀬正和医師を中心に、気管支喘息に対しては、気道過敏性検査に代用できる過敏性の生理学的指標の検索や呼気凝縮液(安静換気時の呼気を冷却凝縮し採取したもの)、呼気一酸化窒素濃度測定を用いた非侵襲的な方法で気道炎症を評価し、治療に応用する研究を日本で先駆けて行なっている。また肺がん診療では、エビデンスに基づく標準治療や臨床試験を実施しながら、最新かつ安全な呼吸器診療を提供していくことを目指している。

診療内容

同院呼吸器内科は、日本呼吸器学会、呼吸器内視鏡学会の指導医、専門医を揃え、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患 (COPD)、肺がんなどを含む呼吸器疾患全般についての最新の診断や治療を行なう。専門外来では、日本呼吸器学会認定施設として、日本呼吸器学会専門医を中心にしたスタッフが診療に当たっている。 呼吸器疾患の中でも有病率が高いCOPDや気管支喘息の診断や治療は、呼吸機能検査、各種画像検査(胸部X線、CT、MRI、核医学検査)、その他、さまざまな手法を駆使して、特に精力的に行っており、病院外来に気道過敏性測定装置、精密呼吸機能測定装置、スパイログラムを設置し、呼吸器疾患を総合的に評価する体制を整えている。気管支鏡を用いた診断・治療としては、生検検査、気管支肺胞洗浄液等による疾患の診断や、胸水貯留例の診断に局所麻酔下胸腔鏡を用いた積極的な診断も行っている。
また、気管支喘息の重要な病態である気道炎症を患者に負担なく測定できる呼気一酸化窒素濃度測定装置も臨床応用。さらにCOPD患者のADLの向上を目的に、薬物療法のみならず運動耐容能の評価および呼吸リハビリテーションも積極的に取り入れている。
喘息以外の疾患についても「手術不適応の肺がんに対して、化学療法・放射線療法・緩和療法を組み合わせながら集学的な治療を行なっている。さらに分子標的薬については遺伝子診断による個別化治療を取り入れている」と一ノ瀬医師は言う。 原因がわからない特発性間質性肺炎、膠原病による間質性肺炎、生活環境の抗原吸入による過敏性肺炎、薬剤性肺炎など間質性肺疾患を日常的に診療している他、肺胞蛋白症や肺リンパ脈管筋腫症に対して、それぞれGM-CSF吸入療法やシクロリムス療法といった最先端の治療を行っているのが特徴だ。

医師プロフィール

1980年 東北大学医学部 卒業
1988年 英国立心肺研究所研究員
1990年 東北大学助手
2001年 東北大学大学院講師
2002年 東北大学大学院助教授
2003年 和歌山県立医科大学内科学教授
2012年 東北大学呼吸器内科教授