永井厚志 医師 (ながいあつし)

新百合ヶ丘総合病院

神奈川県川崎市麻生区古沢都古255

  • 呼吸器内科

呼吸器科 内科

専門

呼吸器疾患(肺がんやぜんそく、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、間質性肺炎など)

永井厚志

呼吸器疾患治療において日本を代表する医師。永井医師は、肺がんやぜんそく、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、間質性肺炎などさまざまな呼吸器疾患の病態の解明や治療法の開発に取り組んでいる。死亡者数が年々増加の傾向にある中、認知度の低いCOPDに関しては、日本呼吸器学会COPDガイドラインの委員長を務めるなど、早期発見、早期治療の普及にも力を尽くしている。
2015年より東京女子医科大学病院から新百合ヶ丘総合病院 呼吸器内科 呼吸器疾患研究所 所長に異動し引き続き意欲的に取り組んでいる。

医師プロフィール

1973年3月 東北大学医学部卒業
   4月 聖路加国際病院レジデント
1974年4月 東京女子医科大学内科研修医
1982年9月 ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)へ留学
1990年 東京女子医科大学医学部講師
1992年 東京女子医科大学医学部第一内科助教授
1997年 東京女子医科大学医学部第一内科主任教授
 同大呼吸器センター所長、同大病院副院長を経て
2005年 東京女子医科大学病院院長
2010年 東京女子医科大学統括病院長
2015年 新百合ヶ丘総合病院 呼吸器内科/呼吸器疾患研究所 所長
(更新日:2016年1月1日)