興梠博次 医師 (こうろぎひろつぐ)

熊本大学病院

熊本県熊本市中央区本荘1-1-1

  • 呼吸器内科
  • 診療科長、教授

呼吸器科 内科

専門

呼吸器内科、喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺がん、呼吸器感染症、間質性肺炎

興梠博次

興梠博次医師は、喘息・咳・アレルギーの研究分野のエキスパート。熊本大学大学院生命科学研究部呼吸器内科学分野教授も務める。呼吸器内科学の診療能力は国際的レベルにあり、喘息の研究では、臨床医学研究から基礎医学研究まで幅がひろく、アレルギー責任細胞として重要な役割を持つリンパ球や肥満細胞をコントロールすることによりアレルギー疾患の根治療法を目指している。呼吸器内科のスタッフは、呼吸器疾患の全分野の診断と治療能力を備えて、専門領域ばかりでなく内科疾患として呼吸器疾患の診療に対応しており、チーム医療体制がとられており、他の診療科や病院の診療連携がとれていることが特徴である。同院では、火曜日に興梠医師の「喘息・痰・アレルギー」の特殊外来がある。

医師プロフィール

1977年 熊本大学医学部卒業、熊本大学医学部第一内科入局・同附属病院研修医
1985年 熊本大学医学部第一内科助手
1986年 カリフォルニア大学サンフランシスコ校心臓血管研究所留学
1992年 熊本大学医学部第1内科医局長
1996年   同大医学部講師
2003年 熊本大学医学部吸器内科医局長
2005年 熊本大学大学院医学薬学研究部呼吸器病態学分野教授
2007年 熊本大学医学部附属病院副病院長併任(2年間)
2008年 熊本大学医学部附属病院総合臨床研修センター長併任(1年間)
2010年 組織改変により熊本大学大学院生命科学研究部呼吸器病態学分野教授
2012年 名称変更により熊本大学大学院生命科学研究部呼吸器内科学分野教授
(更新日:2014年5月16日)