急病の手当て

 応急手当てが必要となる病気、けがはたくさんあります。原因がなんであれ、心肺停止の状態におちいっている傷病者へは、すばやく心肺蘇生法を開始しなければなりません(気道確保)。