急病の手当て

 応急手当てが必要となる病気、けがはたくさんあります。原因がなんであれ、心肺停止の状態におちいっている傷病者へは、すばやく心肺蘇生法を開始しなければなりません(気道確保)。
 図に、応急手当てをしないと病状が悪化し、しばしば死亡にいたる状態を示しました。このような傷病者を見かけたら、意識状態を評価し、症状を聞き、すぐに救急車を呼ぶことが大切です。