強い頭痛と強い胸痛の手当て

 強い頭痛では意識障害、めまい、吐き気・嘔吐(おうと)、まひを伴うことが多いので、回復体位とし、吐物(とぶつ)などによる気道閉塞にすぐ対処できるようにしておきます。
 強い胸痛では、衣服をゆるめて楽な姿勢にし、横にして両足をすこし高くして寝かせます。逆に心不全のときは、胸痛に呼吸困難を伴っているので、上体を起こしたまま(起坐呼吸〈きざこきゅう〉)にしておきます。

他の病気について調べる