先天性風疹症候群〔せんてんせいふうしんしょうこうぐん〕

 妊娠初期、特に妊娠3カ月以内に風疹にかかると、妊娠1カ月では50%以上、妊娠3カ月では20%弱ぐらいは流産したり、低出生体重児、白内障、心臓病、難聴、知的障害、血小板減少、肝炎などの先天性の病気をもった子が生まれます。これらのいくつかが組み合わさったものが先天性風疹症候群です。
 現在、1歳をすぎた子どもに予防注射をして、風疹にかかるのを予防しています。
医師を探す