低出生体重児〔ていしゅっせいたいじゅうじ〕

 生まれたときの体重が、2500g未満の児を低出生体重児と分類しています。このうちの出生体重が1500g未満の児を極低出生体重児といい、さらにそのうちの1000g未満の児を、超低出生体重児と呼んでいます。

[原因]
 予定日より早くお産が始まってしまったこと(早産)と、胎児の子宮内での発育が遅れることに大別されます。早産の原因は、妊娠の異常〔妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)、胎盤異常(前置胎盤胎盤早期剥離〈はくり〉)、感染症(腎炎、結核梅毒)〕がもっとも多く、妊娠中の生活(過労、不摂生)や母親の年齢(若年または高年)も影響します。
 子宮内胎児発育遅滞の原因としては、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)、多胎(ふたごやみつごなど)、母親の喫煙、児の異常(子宮内感染、奇形)などがあります。

[症状]
 低栄養状態でも脳の発育は保たれることが多いので、頭は相対的に大きく見え、からだや手足はやせています。皮膚は薄く、しわが少なく、赤みが強く、うぶ毛が多いのに対して頭髪や眉毛は少ないのが特徴です。泣き声は弱く、筋肉の緊張も弱いので、手足をだらんとさせています。

[治療]
 体温を保持する能力が低いので、保育器に収容し、保温をします。体重が2000g程度になれば保育器から出ることができます。
 呼吸をコントロールする脳の部分(呼吸中枢)が未熟なために、呼吸をとめてしまうことがあります(無呼吸発作)。軽症であれば、酸素の吸入や呼吸中枢を刺激する薬を使いますが、重症のときには人工呼吸器で呼吸管理をします。
 お乳を吸う力が弱いので、口から胃の中にポリエチレン製のチューブを入れて、そこからお乳を流し込みます。胃は小さく食道への逆流が起こりやすく、腸の動きもわるいので、少量から開始し、すこしずつふやしていきます。お乳の量が少ない間は、ぶどう糖液や食塩水を点滴静注します。
 体重が2000g程度になれば、自分で飲めるようになります。感染に対する抵抗力が弱いため、新生児病棟では厳重な注意がはらわれ、入室時の正しい手洗いがおこなわれます。
 退院後も、定期的に発育および発達をチェックすることが必要です。発育は1年以内に標準に追いつくこともありますが、学童期を通じて小柄なことも多いようです。発達は、月齢にくらべ、早く生まれただけ遅れがみられるのは当然です。正期産で生まれたとして計算した修正月齢で評価します。
 また、従来は歩行としゃべることができれば問題なしとされましたが、さらなる高次脳機能の障害が問題となる場合があり、より長期のフォローアップが必要と考えられています。
医師を探す

関連トピックス