分娩時損傷〔ぶんべんじそんしょう〕

■軟部組織の損傷
□産瘤
 産道通過の際に先に進んでいく部分のむくみを産瘤(さんりゅう)といい、正常のお産では頭にできます。2~3日で消えます。

□頭血腫
 頭蓋骨は複数の骨が集まってできています。それぞれの骨は骨膜に包まれ、骨と骨膜との間に出血して血液がたまった状態を頭血腫(とうけっしゅ)といいます。生まれた直後にはなく、半日から1日してあらわれ、数日のうちにさらに大きくなります。1つの骨に限局して、さわるとブヨブヨしています。針を刺して血を抜くことは、かえって細菌感染を招くおそれがあるので、自然に吸収されるのを待ちます。2~3週間で自然に消失しますが、大きいものは吸収が遅れ、1カ月くらいからかたくなりますが、数カ月を要して消失します。

□帽状腱膜下出血
 皮膚の下にある帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)という組織と頭蓋骨骨膜との間の出血で、出血が頭部全体に及び、高度の貧血や黄疸(おうだん)を伴うことがあります。


■末梢神経の損傷
□腕神経叢まひ
 腕を動かす神経は、くびのところで脊髄から出て腕に伸びていきます。骨盤位分娩(ぶんべん)や巨大児の分娩で、くびの片側が強く伸ばされたり圧迫されたりして神経が損傷し、片側の腕が動かせない状態が腕神経叢(そう)まひです(参照:腕神経叢損傷)。上腕型(腕は動かせないが手の関節、指は動く)と前腕型(腕は動くが手指は動かない)があり、上腕型は横隔膜神経まひを合併することがありますが、前腕型より治りやすいようです。
□横隔神経まひ
 横隔膜の運動を支配する神経も、くびのところで脊髄から出ているので、まひを起こすことがあります。
 呼吸運動は、横隔膜が上下することによっておこなわれています。横隔膜の運動がなくなり呼吸運動が制限されるため、呼吸が苦しくなります。酸素を吸わせたり、人工呼吸器を装着しなければならないこともあります。3~4カ月たっても治らないときは、手術も考慮します(横隔膜を縫い合わせて、上がらないようにする)。
□顔面神経まひ
 お産のときにほおを強く圧迫されたり、鉗子分娩(かんしぶんべん)の際に起こります。顔の筋肉を支配する神経のまひで、泣いたときに症状がよりあきらかになります(参照:顔面神経まひ)。
 障害された側の目は完全に閉じず、口角(くちびるの端)が下がります。多くは1~2週で自然に治ります。
医師を探す