ことばの遅れ〔ことばのおくれ〕

 ことばの発達は個人差が大きいのですが、1歳になるすこし前くらいから簡単なことばを理解しはじめ、1歳すぎたころよりママやパパなどの単語が出はじめ、2歳前には「リンゴちょうだい」などの単語が2つつながった2語文が、3歳までには簡単な文章が話せるようになるのが一般的です。

言語症 ことばの発達が遅れる病気として知的障害自閉スペクトラム症がありますが、全般的な発達が正常で、ことばの発達のみ遅れることもあります。ことばの理解も遅れる場合、理解はよくて話すことだけ遅れる場合、発音がはっきりしない場合などがあります。
 理解がよい場合は、やがてことばも出てくるでしょうが、遅れが大きい場合は、他の病気がないかどうか、言語療法を受けたほうがよいかどうか、健診で相談するか医師の診察を受けたほうがよいでしょう。将来、限局性学習症があきらかになることもあります。また、難聴があるとことばの発達が遅れます。今は、新生児スクリーニングでチェックされていますが、中耳炎などで後から出ることもありますので、呼んでも振り向かないことがあるなど、疑問に思うことがあれば早めに診察を受けてください。

 語音症
 発音がはっきりしない場合をいいます。発達上、一時的なものが多く、成長とともに改善することも多いですが残ることもあります。
 また、上顎が欠けている口蓋裂(こうがいれつ)、上顎の粘膜と皮膚の下の組織はあっても、骨が欠けている粘膜下口蓋裂や、舌の下側の筋がついている舌小帯短縮などが、発音が不明瞭になる原因になっていることもあります。
医師を探す
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会