舌小帯短縮症〔ぜつしょうたいたんしゅくしょう〕

 舌の裏側にある、すじ状の組織を舌小帯といいます。舌小帯が短縮していると、舌が前に出ないなど、動きが制限されます。そのため、発音の異常を起こすことがあります。

【治療】
 発音の異常が疑われる場合は、幼児期に舌小帯を切断する手術をおこないます。
医師を探す