慢性乳腺炎〔まんせいにゅうせんえん〕

 乳腺内に細菌が入り込み化膿性乳腺炎を起こすことがきっかけで発症し、乳腺実質内に膿(うみ)がたまった腫瘤(しゅりゅう)(乳腺膿瘍〈のうよう〉)を形成したり、乳頭から排膿したりします。感染した乳腺や乳管と皮膚との間に細いトンネル(瘻孔〈ろうこう〉)が形成されることもあります。症状は、発熱や、皮膚の発赤と痛み、リンパ節の腫脹などがみられます。急性化膿性乳腺炎にくらべ、軽症から中等症が多いですが、長期間にわたり、軽快と再発をくり返します。
 治療は抗菌薬だけでは不十分で、膿瘍を切開し、膿を排除することが必要です。感染した乳腺や瘻孔を外科的に切除することが必要になることもあります。この病気は、授乳経験がなくても起こります。
医師を探す