葉状腫瘍〔ようじょうしゅよう〕

 葉状腫瘍は乳腺の間質といわれる組織が増殖したもので、急速に大きくなることが特徴ですが、多くは良性です。乳がんとは異なり、腋窩(えきか)リンパ節に転移することはほとんどありませんが、まれに骨や肺に転移することがあり、それは悪性葉状腫瘍と呼ばれます。
 治療は周囲に十分な正常乳腺をつけて(腫瘍のまわりを広めに)しこりを切除します。現時点はいい薬物療法はありません。しこりが再発することもあり、乳房切除を要することもあります。
医師を探す