母指CM関節症〔ぼししーえむかんせつしょう〕

 CM関節は親指付け根側の手くびの関節のすきまより1cmほどさきにある、親指を開閉する支点になっている関節です。この関節は親指の大きな動きの中心となっており、加齢とともに軟骨がすり減りやすい関節です。症状は、関節のまわりにはれが出て、押すと痛みを感じます。指先で強くものをつまむと痛みが出ます。進行すると関節の亜脱臼が生じ、親指が外へ開きにくくなります。

[診断]
 X線検査でCM関節のすきまが狭くなり、関節の骨が硬化して白く見えるなどの変形性関節症による変化がみられます。

[治療]
 軽症では湿布などの外用薬を用いたり、CM関節症用の装具で治療します。進行した場合には関節形成術や関節固定術などの手術治療をおこないます。
医師を探す