舟状骨骨折〔しゅうじょうこつこっせつ〕

 手をついて転倒すると受傷します。手関節橈側(とうそく)の疼痛(とうつう)と、タバコ窩(か)という親指を開いたときに手くびの親指付け根にできる2本の伸筋腱の間のくぼみの圧痛がみられます。変形や腫脹は目立ちません。


[診断]
 X線検査にて診断しますが、通常の手関節2方向の撮影では見落としやすいので、この骨折を疑った場合、舟状骨撮影をおこなうか、CT(コンピュータ断層撮影)で精査をおこないます。

[治療]
 骨折したばかりのときはひじから親指までギプス固定で治療します。骨片間にずれがある場合や手根骨の背屈変形のある場合は、手術をおこないます。舟状骨骨折は偽関節(骨がつかないでそのままとなった状態)が多いことで有名です。
医師を探す