ドケルバン病〔どけるばんびょう〕

 手関節の橈側(とうそく:親指側)の骨のでっぱりを橈骨茎状突起と呼びます。この部位には親指の外転(横に開く)や伸展(伸ばす)をおこなう腱がはしっており、腱が骨からずれないように、靱帯性腱鞘(けんしょう)と呼ばれる構造があります。
 この腱鞘に生じた狭窄(きょうさく)性腱鞘炎をドケルバン病といいます。手、特に親指を過度に使用すると生じます。同部の圧痛、腫脹があり、親指の屈伸で疼痛(とうつう)が出現します。親指を中に入れてげんこつをつくり、そのまま手関節を尺屈すると疼痛が誘発されます(Finkelstein test)。


 治療は手の使用を制限すること、サポーターやスプリント(副木)などの装着、副腎皮質ステロイド薬と局所麻酔薬との腱鞘内注射などをおこないます。症状が再発性の場合は手術的に腱鞘を切開する手術をおこないます。
医師を探す