ガングリオン

 関節や腱鞘(けんしょう)から発生するゼリー状の内容を有する腫瘤(しゅりゅう:嚢腫〈のうしゅ〉)です。手関節の背側(甲側)や手くびの橈側(とうそく:脈をとる場所)に生じることが多く、通常は無症状ですが時に腱鞘などの痛みを生じることもあります。注射針での穿刺(せんし)により、ゼリー状の内容物が吸引され診断できます。

[治療]
 吸引したり、表面から押しつぶしたりしますが、再発しやすいのが特徴です。基本的には良性であり、長期的には自然消退することも多いので放置することがほとんどですが、痛みなどの症状をひき起こしているときには手術で切除することもあります。
医師を探す