手根部靱帯損傷〔しゅこんぶじんたいそんしょう〕

 外傷や炎症などにより手根骨(手くびにある小さい骨で8つある)の配列異常が生じ、結果的に手根骨の間に関節症性変化(軟骨の変性などの変化)が進行する病態です。いずれも手くびの痛みを生じますが、X線検査にて配列異常がみとめられる静的不安定性と負荷を加えたときにあきらかとなる動的不安定性とがあります。

■舟状-月状離開
 手根骨のうち、舟状骨(しゅうじょうこつ)と月(げつ)状骨との間に障害が出たものです。舟状骨と月状骨間の解離(SL解離)が生じ、X線検査で3mm以上のすきま(Terry-Thomas徴候)がみとめられます。
 進行すると舟状骨周辺の2次性の関節症となり、舟状-大菱形小菱形骨間関節(STT関節)の変形やSLAC(scapho-lunate advanced collapse)wristと呼ばれる状態が生じます。

[治療]
 外傷などによる急性期のSL解離では靱帯(じんたい)を修復する手術をおこないます。慢性期では症状が軽ければサポーターなど対症療法をおこないますが、症状が強ければSTT関節固定や手根骨の部分切除、あるいは部分関節固定などの手術をおこないます。

■月状-三角離開
 手根骨のうち、月状骨と三角骨との間に障害が出たもので、月状骨や舟状骨に対し三角骨は中側へ向く変形がみられます。いずれも診断には通常のX線検査のほか、掌背屈(しょうはいくつ)や側屈(橈尺屈)などのストレスをかけて撮影します(手くびを動かした状態でX線撮影する)。

[治療]
 治療はSL解離と同様に、急性期では靭帯を修復する手術、慢性期では部分的な関節固定術などがおこなわれます。
医師を探す