ベーチェット病〔べーちぇっとびょう〕

 口内炎(アフタ)、外陰部潰瘍、結節性紅斑(こうはん)や毛嚢(もうのう)炎、目の虹彩(こうさい)毛様体炎網膜ぶどう膜炎などをくり返す、原因不明の病気です。最近は、この病気の患者さんを診ることは少なくなっていますし、これらの症状が全部そろわない不全型が多くなっています。

[治療]
 コルヒチン内服が基本で、口内炎には口内用副腎皮質ステロイド軟膏(なんこう)の外用をします。最近では生物学的製剤も使われます。
 それぞれの症状が悪化したり、神経や血管が強くおかされることもありますので、この病気をよく診療している病院にきちんと通院し、治療することが大切です。
 ベーチェット病は、国の難病医療費助成制度の対象疾病(指定難病)です。

【参照】
 目の病気:ベーチェット病
 リウマチと膠原病:ベーチェット病
医師を探す