痘瘡(天然痘)〔とうそう(てんねんとう)〕

 痘瘡は中世に猛威をふるいましたが、ジェンナーの研究がもとになり、よいワクチン(種痘)が開発されました。1967年にWHO(世界保健機関)が痘瘡の根絶計画を発足させ、地球規模でワクチン(種痘)接種を促進した結果、1979年には地球上から姿を消し、WHOは1980年に根絶宣言を出しました。
 その後、痘瘡は発生していませんが、バイオテロで痘瘡ウイルスが使われるかもしれないことから、感染症法の改正(2003年11月)のおりに一類感染症に追加されました。痘瘡は、痘瘡ウイルスによる重篤な感染症で飛沫(ひまつ)感染によりひろがります。潜伏期は1~2週間です。急激に高熱をもって発症し、3~4日後解熱傾向となりますが、このころから全身の皮膚や粘膜に紅斑(こうはん)が生じます。この紅斑はいっせいに水疱(すいほう)を形成し、その後、膿疱(のうほう)、痂皮(かひ:かさぶた)化と移行し、落屑(らくせつ)して治癒する特徴をもっています。膿疱の時期がいちばん重篤な時期と思われます。
 特別な治療法はありませんが、感染予防にはワクチンが有効で、ワクチン製造の準備が進められているようです。なお、かつて種痘を受けたことのある人は痘瘡の感染の危険はありません。
医師を探す