ペスト〔ぺすと〕

 ペスト菌(Yersinia pestis)の感染による感染症で、腺ペストと肺ペストなどがあります。敗血症を起こすこともあります。日本では1926年(昭和元年)以来発生がなく、現在では温帯、熱帯の各国、特にインド、中国、南アフリカに多く、ヒマラヤ山脈、ロッキー山脈南部、アンデス山脈などの周辺にもみられます。
 これらの地域では野生のネズミが保菌しており、それに寄生しているノミに刺され、感染します。ペストの約80%は腺ペストです。腺ペストは高熱、頭痛、筋肉痛などのほか、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)が強く、全身のリンパ節が腫脹するため、この名がつけられています。
 肺ペストでは前記の症状のほかに肺炎による呼吸困難や血たんを伴います。肺ペスト患者から喀出(かくしゅつ)される喀たんや飛沫(ひまつ)、エアゾールからの感染(飛沫感染、空気感染)があるので厳重な注意が必要です。
 確定診断には血液、リンパ節腫吸引物、喀たん、病理組織からの菌の培養・同定、PCR法などによるペスト菌遺伝子の検出が役に立ちます。
 治療にはニューキノロン、テトラサイクリン、ストレプトマイシンなどの抗菌薬が有効です。
医師を探す