サルモネラ食中毒〔さるもねらしょくちゅうどく〕

 サルモネラ菌に属する菌種は多数ありますが、病原性の強いチフス菌(Salmonella Typhi)、パラチフスA菌(Salmonella Paratyphi A)による腸チフス、パラチフスは別扱いとなっていて、これら以外のサルモネラ菌による感染症は非チフス性サルモネラ症と呼ばれています。その代表がサルモネラ食中毒で、日本では近年増加傾向にあります。
 かかりやすいのは子どもですが、大人でも要注意です。経口感染後、腸で繁殖し毒素をつくりだします。
 潜伏期は12時間~2日程度です。発熱と吐き気・嘔吐(おうと)、腹痛、下痢、粘血便などの急性胃腸炎の症状が強くあらわれます。下痢の回数も多く、重症感があります。水分補給が大切です。
 治療にはキノロン系抗菌薬が効果があります。多発するのは夏季で、食肉や鶏卵は加熱して食べるようにします。
医師を探す