皮膚表面外科

 皮膚表面外科とは、メス以外の方法によって皮膚の表面を浅くはがす治療です。母斑(ぼはん)・血管腫やしみなど、浅い皮膚疾患に対して用いられます。

■レーザー治療
 レーザーのもつ熱作用を応用して、皮膚の異常な色素を破壊します。母斑・血管腫などの色素疾患のほかに、近年では脱毛治療にも利用されています。

■ケミカルピーリング
 皮膚に化学薬品を塗って、炎症反応によって皮膚の再生をうながす治療です。しみや皮膚の若返り治療に用いられます。

■その他
 小さい皮膚腫瘍に対して、電気メスを応用した電気外科治療や、液体チッソによる凍結療法が用いられます。
医師を探す