VDT症候群〔VDTしょうこうぐん〕

 あらゆる職場にコンピュータが入ってくるとともに、その表示装置のVDT(visual display terminal)に関連した健康障害が問題になってきました。このVDT作業に伴う健康障害では、まず目の疲れ、乾燥、痛み、視力低下、物がぼやけて見えるなどの目の症状が生じますが、頸肩腕障害(けいけんわんしょうがい)と同様な上肢の障害や腰痛、さらに気分や精神的なうったえもみられます。
 そこで厚生労働省から作業面の明るさや、画面への光の映り込みの防止、連続作業時間の1時間以下への制限と作業休止時間の徹底、椅子や机の調整などの具体的な対策を指示した通達が出されています。

【参照】
 外傷[創傷]:VDT作業関連の疾患

(執筆・監修:帝京大学大学院 客員教授〔公衆衛生学研究科〕 矢野 栄二)
医師を探す