その他の化学物質による健康障害

□1・2ジクロロプロパン
 1990年代、大阪の印刷工場のオフセット印刷校正作業をしていた作業者33人中17人から胆管がんがみつかり、その原因が規制されていない1・2ジクロロプロパンであることがわかりました。このことをきっかけに全国の印刷工場で調査がおこなわれ、さらに多数の患者がみつかりました。
□芳香族アミノ、ニトロ化合物
 これらの物質は染料や医薬品などに使われていますが、それらの工場での膀胱(ぼうこう)がんの多発は知られていました。しかし2016年にも、北陸の工場での膀胱がんの多発が報告されました。

 いま人類は数万の化学物質を取り扱っているといわれますが、法律でその取り扱いが規定されているのはわずか百余り。危険性が調べられ学会から許容濃度が発表されているものでも数百で、上記のような事件は今後も起こる可能性があります。法律で規制されていないということは安全ということではなく、多くは危険性がわかっていないということです。したがって、職場で化学物質を取り扱うときは「危険な物質である可能性がある」という前提で、吸入や接触がないよう心掛けるとともに、心身に異常を感じたときは、それと業務の関連性を考慮に入れることが重要です。
医師を探す