有機溶剤による中毒

 お酒の主成分であるエチルアルコールも有機溶剤の一種ですが、お酒の飲みすぎで経験するように、有機溶剤は一般に肝障害と中枢(ちゅうすう)神経のまひを起こします。これに加えて、それぞれの溶剤に特徴的な毒性もあります。
 50年ほど前、サンダルの底を貼る工場で、接着剤に使われていたベンゼンにより、骨髄(こつずい)の造血機能が障害されるための再生不良性貧血が多発したことがあります。またベンゼンは、白血病とも関係する可能性があります。そこで代わって、ノルマルヘキサンという有機溶剤を使うようにしたところ、こんどは手足の先からしだいにしびれがひろがる末梢神経障害が報告されました。
 化学繊維工場で使われる二硫化炭素は動脈硬化をひき起こし、目の網膜の障害や心筋梗塞の増加があります。このほかクロロホルムや四塩化炭素など塩素系有機溶剤では、特に肝臓の障害が問題になります。
医師を探す