話題

可愛い犬と一緒、手術も平気
「勤務犬」が病院で活躍

 「ワンちゃんと一緒だから、手術も怖くないよ」。難しい手術を前に、小さな女の子が両親に言う。末期がんの患者のベッドに犬が寄り添う。患者はホッとしたような穏やかな表情を浮かべている―。患者の心をいやすために、犬が医療機関で活躍する時代が来ようとしている。

ベッドの上の患者に全身を抱きしめられているモリス=聖マリアンナ医科大学病院提供

 高齢者施設や難病の小児を治療する病院で、イベントなどで犬と触れあう「アニマルセラピー」と呼ばれる活動を目にする機会が多くなった。しかし、衛生管理が厳しく、治療としての成果が求められる医療機関で恒常的に実施するのは難しい。

 その中で、聖マリアンナ医科大学病院(川崎市)は週に2日、1匹のスタンダードプードル「モリス」が、緩和ケアチームの一員である「勤務犬」として、子どもだけでなく、成人の患者やその家族の精神的安定と不安の解消、治療意欲の向上に貢献している。

 ◇犬の体は清潔

 モリスの活動場所は、入院病棟の病室や談話室にとどまらない。手術やつらい治療を嫌がる患者に付き添って手術室や処置室まで、その患者に同行する。リードを手にした患者と共に病棟内を「散歩」したり、切迫早産の恐れで入院・出産した妊産婦や生まれた新生児を励ましたりしている。

子どもの患者に手術室まで付き添ったモリス=聖マリアンナ医科大学病院提供

 衛生管理や人畜感染症の問題が心配ではないのだろうか。勤務犬の導入に汗を流してきた北川博昭院長(小児外科)は「専門の医師にモリスに付着している細菌などを調べてもらった。多忙な研修医の白衣よりも清潔だと評価されている」と話す。

 「もちろん、がんの治療などで免疫が低下している患者については主治医とよく相談するし、犬アレルギーや犬が嫌いな他の患者さんのことも十分配慮している」

 ◇患者の精神的負担軽減

 モリスに期待されているのは、長くて苦しい入院生活の中で病気への不安を抱える患者と触れ合うことで、その精神的な負担を軽減することだ。北川院長は「モリスと触れ合ったり、抱きしめたりすることで不安や苦痛が解消するという患者は多い。さらに、これを続けることで患者とモリスの関係も密になり、それだけ効果も上がっている」と言う。

  • 1
  • 2

新着トピックス

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会